ニキビ跡に対するメイクと実は逆効果なケア方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニキビ跡と格闘中の方は、外出中厚化粧になりがちです。

みっともない顔を隠したい…と思うあまり、カバー力重視でメイク用品を選ぶようになる気持ちも分かりますが、できるだけ早くニキビ跡を治癒させたいなら厚化粧は禁物です。

そもそも、いくらコンシーラーで塗り固めても陥没しているニキビ跡をメイクで完璧に隠すことはできません。

ニキビ跡に悩む本人は「せめて赤みだけでも」、「色素沈着部分だけは人目に晒したくない」と感じるかも知れませんが、第三者からするとニキビ跡をお化粧で誤魔化しているのはバレバレです。

それよりもコンシーラーやリキッドファンデーションで厚く塗り固めたお化粧が、ニキビ跡に与える影響を心配しましょう。

皮膚科の治療によって半年程度でニキビ跡が消滅したケースも珍しくありません。

日中の紫外線ケアと軽いお粉ぐらいの薄化粧で、皮膚呼吸を妨げないようにしましょう。

使用するメイクアイテムも、シルクパウダーやミネラルパウダー配合の美肌効果の高いものがオススメです。

また、お粉、ルースパウダー、パウダーファンデーションを塗るパフの衛生にも気を配りましょう。

使い捨てパフで常に新しいものを使うか、2~3日に1回洗って清潔な状態をキープするよう気をつけるだけでも、ニキビやニキビ跡の悪化防止には効果的です。

頬部分もニキビ跡になりやすい部分ですが、何年間も同じ不衛生なチークブラシを使うことでお化粧する度炎症を悪化させているケースも。

 

実は逆効果なニキビ跡ケア

 

紫外線はニキビ、ニキビ跡の大敵です。

活性化しているニキビは紫外線によって悪化しますし、紫外線を浴びたニキビ跡は色素沈着を起こしてしまいます。

ただでさえ紫外線はシミやシワをつくる原因になりますから、ニキビやニキビ跡トラブルを抱えている方は念には念を入れて紫外線対策に励まなくてはなりません。

そしてニキビ跡…特に赤みが残っている初期段階のニキビ跡にビタミンCが効く、と言われています。確かにビタミンCは美白対策美容成分として有名ですよね。

そこでビタミンC美容液でニキビ跡ケアに勤しむ方も大勢いらっしゃいますが、ビタミンC美容液は時間帯によってニキビ跡ケアどころか色素沈着の原因になってしまう取り扱い注意のスキンケアアイテムです。

特にビタミンC原液が要注意アイテムになりますが、酸化しやすいビタミンC原液を塗布した肌は普段より紫外線被害を被りやすくなります。

またビタミンC原液自体、紫外線のダメージを受けて有効成分が破壊されてしまったり変色する恐れがあります。

従ってビタミンC原液や濃度の濃いビタミンC美容液を日中塗布する場合は、紫外線対策が欠かせません。UVカットが心配な場合、ビタミンCによるニキビ跡ケアは夜のスキンケアで行った方が安心です。

また日中紫外線を浴びると皮膚が乾燥する恐れがありますが、ビタミンCも皮脂分泌抑制作用があるので相乗効果でひどいドライスキンに傾く可能性があります。

ビタミンC美容液は紫外線対策と保湿対策がマスト、と言うルールを守らないとせっかくのニキビ跡ケアが逆効果になってしまいます。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>